無料体験レッスンキャンペーン実施中~6月30日(日)まで~

障がいの壁?Part2

生徒さんの一人、小学校1年生のRくんのレッスン風景。Rくんは娘が通っていたリトミック教室のお友達でもありました。我が教室に通い始めたきっかけは、学校の音楽の授業で不安なところがあるとお母さまよりお聞きしたので、サポート的な指導が出来たらと思い、私からお誘いしました。

Rくんは「重度の聴覚障がい」で、専門的な言葉で言うと「両耳100dbの聴覚障がい」だそうです。そんな彼ですが、さすがリトミックを習ってきたこともあり、コツさえ掴めばリズム感ばっちりですし、理解も早いので、学校の音楽の授業範囲は問題なく理解し、鍵盤ハーモニカも上手に演奏することが出来ました。夏休みに入る頃、そろそろ学校生活にも慣れてきたので、「ピアノを始めてみる?」とお誘いしましたら、本人の積極的な「うん!」の返答で早速始めてみると、なんとびっくり!どんどん花丸になっていくではありませんか!上手上手~♪

3月5日に我が教室の発表会にもピアノの部で参加してもらい、堂々と弾いている姿に感動!!!リトミック教室から仲良くさせてもらっていた次女との連弾も上手に弾くことが出来ました。

案ずるより産むがやすし…Rくんが楽しいと思ってくれていることが何より一番嬉しいことです。

Rくんの聴こえ方と私の聴こえ方とではきっと違うこともあるでしょう。でもそんなことは関係ないですよね。むしろ個性と捉えて、本人の「楽しい」を尊重し、これからもRくんの可能性をいっぱい引き出し、伸ばしていけたらと思います(^^)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次